Press "Enter" to skip to content

リアルタイムの情報収集が効果絶大!災害を未然に防ぐネットワーク監視システム

災害大国であるからこそ的確な備えを

地震、火山、台風に大雨、大雪など、日本列島に災害をもたらす自然現象を挙げればきりがありません。それだけ多くの自然災害のリスクを抱え込んでいるのですから、それらの可能性が少しでもある地域であれば、その災害を防ぐ為、いち早い情報の収集と地域住民への提供を行わなければなりませんよね。ですが現在の日本のネットワーク技術はそれをかなりのレベルで実現出来る様になりました。災害のリスクを確実に察知し、その対策を住民が取れるに十分な時間的余裕を持って、事前に警告を発せられる様になったのです。

地形の変化が如実に現れる土砂や火山の動きを察知する

土石流や土砂崩れ、また火山噴火の前兆として起こる地面や地形の変化は、そのリスクの高いエリア内に数多くの観測点を設置し常時モニタリングする事によって、その危険性をいち早く察知する事が出来るもの。具体的には地面の傾斜を測定する傾斜計やひずみを測定するひずみ計等がそれに当たります。これらをネットワークで結んで定時にデータ収集を行い、それを3次元的、定量的な変化量にプロットする事によって、その活動の活発さや差し迫る危険性を測る事が出来るのです。

水害予防にも直結する雨量計や水位計

土砂災害と共に国内で危険性の高い災害と言われているのが水害。セットとして語られるケースが多いのですが、特に河川の氾濫や洪水はその上流域における雨量や河川・ダムの水位変化を観測する事により、その兆候を確実に捉える事が出来ます。いち早く下流域の住民に避難勧告や指示を出し安全に避難してもらうには、これら数十キロ以上離れた観測点からの情報を素早く収集し分析する必要があるでしょう。そういった面でも高度にネットワーク化された観測網は大きな武器となるもの。はるか上流における急激な雨量や水位変化も、高度にネットワーク化された雨量計や水位計から瞬間的にデータが届きますから、余裕を持って情報収集・分析が行えるのです。

法人、個人、または国がインターネットのアクセス制限などを用いてネットワーク監視のシステムを設けています。それによって倫理的、法律的または教育的に害があると判断されたサイトへのアクセスが防がれています。