Press "Enter" to skip to content

意外とあるある?必ず1回はやってしまう動画配信でのミス

生配信を始めたが、話す内容を忘れてしまった

このミスは特に初心者の方に多いと思います。生配信の前って、すごく緊張しますよね。カメラまたはパソコンの向こう側には沢山の方が見ているわけですから。これの対策ですが、まずは話すテーマを事前に決めておきましょう。趣味についてや時事ネタや好きな音楽など何でもいいです。それが決まったら、次は話す内容をメモにまとめましょう。初めに話したいことを書いていき、次にそれを声に出して読み、必要に応じて、メモの訂正も行います。話す内容が決まったら、テスト撮影を行い、何回も練習して下さい。これらの準備を短時間で行うのは困難だと思うので、配信を始める数日前から行うことをおすすめします。

配信用の動画の撮影中にカメラのバッテリーが切れた

いざ、撮影を始めたら、途中でバッテリーが切れてしまい、それの影響で撮影を中断することになってしまったことってありますよね?こうなってしまうと予定していた時間は大幅にオーバーしてしまい、その後の予定に影響が出てしまうこともあります。バッテリーには持続時間というのものが存在し、それを過ぎてしまうと、録画機能が使えなくなる他に電源も入らなくなってしまいます。対策としては使用する前に説明書でバッテリーの持続時間を調べ、それを考慮した上で時間を決めて、撮影を行いましょう。因みにバッテリーの持続時間は機材によって異なるので、必ず説明書で調べて下さい。

自分が投稿した動画が数日経ってから削除された

投稿してから数日経った後に反響を見ようとしたら、投稿動画が無くなっていた場合、落ち込んでしまいますよね。動画配信にもちゃんとルールがあることはご存知でしょうか?著作権が侵害されているもの、公序良俗に反するもの、人物や団体に対して脅迫まがいの内容が含まれているものなどは基本的に削除されます。また、最悪の場合、アカウントが停止されることもあります。対策としては投稿前に確認をし、ちょっとでも引っかかる点がある場合は修正作業を行いましょう。そして、誰もが見て、面白く、時には感動や関心などをされるような動画にすることを心がけて下さい。動画内で音楽や画像を使用している場合、フリーのものや自分で用意したもの以外は必ず所有者の方に許可をとりましょう。

ストリーミングの機能性にこだわることで、日常生活において誰でも高音質の動画を楽しむことが可能となります。